手巻き式時計のメリットとデメリット

海外ブランドで多く使用される機械式時計は大きく手巻きと自動巻きの2種類に分類されます。一見するとどちらも同じよう見えて、細かい部分に違いがあるので特徴を良く理解して選ばなくてはいけません。手巻き式時計のメリットとして挙げられるのがメンテナンスのしやすさです。手巻き式は時計の機構がシンプルにできているので、メンテンナンスや故障があった時の修理が簡単にできます。とはいえ、いくら修理がしやすいと言っても知識のない素人では状況を悪化させてしまうこともあるので、専門家に依頼をしなくてはいけません。手巻き式のデメリットは手間です。このタイプは文字通り人間の手でゼンマイを巻かなければ止まってしまいます。マメな性格でない人は、数日に一回のペースで巻かなければいけない点がデメリットになり煩わしさを感じるかもしれません。

自動巻きならでは魅力と注意点

機械式時計の自動巻きタイプの大きな魅力に挙げられるのが手軽さです。前述した手巻き式がゼンマイを手で巻くのに対して、自動巻きはその名の通り身に付けて歩いているだけで振り子の原理で自動的に巻き上げてくれます。数日に一回の手巻き作業が煩わしいと感じる面倒臭がりな人に最適です。ただし、巻き上げ作業は時計本体を動かすことが条件となるので、数日間身に付けない、デスクワークで殆ど動かないといった場合はゼンマイが切れてしまいます。自動巻きは手巻き式に比べて使用されているパーツが多い分、メンテナンスや修理に依頼をした時に費用が高くなってしまうケースも少なくありません。時計の維持にお金を掛けたくない人はこの点に注意が必要です。