自動巻き式の特徴を知る

機械式時計を使うには時計の針を動かす必要がありますが、そのためにはゼンマイを巻き上げないといけません。その巻き上げ方によって機械式時計は2種類に分かれます。1つは自動巻き式であり、もう1つが手巻き式です。自動巻き式の場合は人の手を使わずに時計自らがゼンマイを巻き上げます。そのメカニズムについては、時計の中に入っているローターが腕の動きを通じて自然に回転することで、歯車が動いてゼンマイが自動で巻き上がるようになっているのです。自動巻き式の機械式時計にはそれ独自のメリットがあります。たとえば、日常的に着用していれば時計が止まることはありませんし、たくさんのブランドがあって選択肢が広いですし、なによりも時間が正確です。

手巻き式の特徴を知る

機械式時計には手巻き式もあります。これはゼンマイを自動ではなく、自分の手でリューズを回すことで巻き上げるタイプのものです。毎日巻く必要があるのですが、昔から手巻き式には根強い人気があります。その理由としては、自動巻き式のようにローターが中に入っていないので、内部構造をよく見ることができることが挙げられるでしょう。中を覗いて機械の動きが楽しめるのは自動巻きにはない特徴です。この手巻き式のメリットとしては、構成部品が少ないのでメンテナンスの費用が安いこと、嗜好性が高いこと、衝撃に強いことなどがあります。ただ、手巻き式は自動巻きに比べると全体の生産数が少ないので、価格が高くなる傾向もあります。このように、手巻き式と自動巻き式とでは仕組みも特徴もメリットも異なります。

ウブロのビッグバンは、多種多様な新素材を組み合わせている腕時計のコレクションで、独特なデザインも多いです。